SEASON TOUR

GOOD DIVE季節ごとのダイビングのススメ- 例えば冬のダイビングのススメとか西表島 春夏秋冬など -

西表島は一年中ダイビングが可能です。
ただ冬の時期は風が吹いて、海が荒れる日もしばしば。
初めての西表島の方は冬以外の季節をオススメします。
季節ごとの海の様子や必要な装備など、参考にしてみてください。

10月、11月の概況

  • 季節ごとのダイビングのススメ
  • 季節ごとのダイビングのススメ
  • 季節ごとのダイビングのススメ

10月は風向きが東から北東に変わり、気温はまだ26〜30℃と高くても夏の暑さほどにはならずにとても過ごしやすい気候。水温がまだ高いので、水中も快適です。

11月になると風向きはほぼ北東〜北、季節風のミーニシ(新北風)の吹き始める季節です。この風が吹き始めると気温も徐々に下がり沖縄の冬へと向かっていきます。気温は24〜28度で時々北風が強く吹く日があり、風に当っていると思わず寒っと声が出てしまいます。たまに風向きが南や東に触れるとポカポカの陽気になります、この時期の晴天はとてつもなく気持ち良いです。

海の中の様子

  • 季節ごとのダイビングのススメ
  • 季節ごとのダイビングのススメ
  • 季節ごとのダイビングのススメ
  • 季節ごとのダイビングのススメ
  • 季節ごとのダイビングのススメ
  • 季節ごとのダイビングのススメ

水温は26〜29℃(10月)24〜26℃(11月)

ニシキテグリが3センチサイズの子供から成魚まで、よく観察できます。(曇りの日がオススメ、ただポイントは北側になるので、上原出港の10月上旬くらいまで。)

スミレナガハナダイの♂がとっても色濃く、鮮やかになります。求愛行動やメスと絡み合って放精抱卵するシーンなども観察できます。

西表でも数少ないとされるニチリンダテハゼやイトヒキベラの仲間やクジャクベラのディスプレイなども西側のポイントで観察できます。
水温が下がるにつれ、水の透明感が増してきます。崎山や網取などの水のクリアさは抜群です。

  • 季節ごとのダイビングのススメ
  • 季節ごとのダイビングのススメ
  • 季節ごとのダイビングのススメ

出発港と潜るエリア

10月上旬までは上原港出発でポイントはバラス島周辺、船浦湾エリアがメインです。
北東の風が吹き始め、北側の水域の海況がザワザワしてくる10月中旬頃から船を白浜港に移動させて、白浜港より出発するようになります。
白浜出港の際にメインポイントとなる船浮湾内エリアは北〜北東の季節風で北側の海が白波立っているような日でも西表島の山々が遮ってくれるおかげで、よほどでない限り風裏に当たるこの水域のポイント周辺は穏やかです。
潜水エリアは美良浜、船浮湾、網取、海況天候次第で崎山、鹿の川へも出向きます。
人工物がほぼ見当たらない景色が広がっているので、奥深い西表の景観もお楽しみください。

ダイビングの装備

5ミリワンピース、10月下旬頃からはフードベストや起毛タイプのインナー、ボートコート、ウインドコートなど

店長より一言

夏とは違い、海況にムラがありますが、夏の間は海況のいい時にしか足を伸ばせない西側(舟浮、サバ崎、網取、崎山)周辺が主な潜水箇所になります。
風、波、うねりがなく穏やかな時には舟浮湾の外へ出てワイドな水中を、風が吹いて、波もザワザワしているような時には影響の少ない船浮湾内のポイントでじっくり生物ウォッチや西表ならではの湾内奥の砂泥地とサンゴの独特な環境での少々マニアックな生き物観察と写真撮影が楽しめます。
夏の暑さから解放されても水はまだ暖かく陸上、水中ともに快適です。
ただ期間後半になるにつれて海上ではやや冷たい風の吹く日があります。
特に水からあがって、湿った身体が風にさらされていると、時間とともに体温が奪われます。実際の気温よりも体感温度が低く感じられることもあるので、11月以降の冬の期間は船の上で着用するボートコートやウインドブレーカ長袖のパーカーなどをお持ちください。(ボートコートは貸し出しもあります。)
ちょっとした防寒対策で快適に海を楽しめますよ。

  • 季節ごとのダイビングのススメ
  • 季節ごとのダイビングのススメ
  • 季節ごとのダイビングのススメ