SEASON TOUR

GOOD DIVE季節ごとのダイビングのススメ- 例えば冬のダイビングのススメとか西表島 春夏秋冬など -

西表島は一年中ダイビングが可能です。
ただ冬の時期は風が吹いて、海が荒れる日もしばしば。
初めての西表島の方は冬以外の季節をオススメします。
季節ごとの海の様子や必要な装備など、参考にしてみてください。

7月、8月の概況

  • 季節ごとのダイビングのススメ
  • 季節ごとのダイビングのススメ
  • 季節ごとのダイビングのススメ

空は青く、雲は水平線上に低くギラギラした夏の光景が広がり、毎日当たり前のように晴天傾向。

暑さはピークを迎え、日中の最高気温は32〜34度、南国特有の強烈な日差しを受けて地上はとてつもなく暑い分、海で過ごす時間がとても贅沢に心地よく爽やかに感じられます。

海況は台風時以外は比較的安定、風向きはほぼ南風で7月上旬頃は日中に南風がやや強く吹く日があります。年によって差はありますが、月に1〜2個の台風接近があります。

海の中の様子

  • 季節ごとのダイビングのススメ
  • 季節ごとのダイビングのススメ
  • 季節ごとのダイビングのススメ
  • 季節ごとのダイビングのススメ
  • 季節ごとのダイビングのススメ
  • 季節ごとのダイビングのススメ

水温は29〜30度
湾内など水の出入りが少ない水温は30度を超える場所も。前半はカエルウオやスズメダイ、ベラの小さな幼魚(baby)が登場します、共生ハゼの求愛のパフォーマンスが見られたり、リーフエッジではベラやブダイなどがよく産卵しています。アカネハナゴイやスズメダイ、それにリーフのサンゴの色がとてつもなく色鮮やかに映える季節です。7月中は夕刻時の生態観察にも期待が持てます。

  • 季節ごとのダイビングのススメ
  • 季節ごとのダイビングのススメ
  • 季節ごとのダイビングのススメ

出発港と潜るエリア

ほぼ上原港出発。
潜るエリアはバラス島周辺、鳩間島周辺、高那周辺、海況安定時には東へ西へ遠征の季節です。

ダイビングの装備

5ミリワンピース、
サンセットやナイトも予定される方は、水中ライトお持ちください、もちろんレンタルもあります。
紫外線がとても強い季節なので、日焼け予防として薄手の長袖やラッシュガードもあると重宝します。

店長より一言

夏の強烈な太陽光のおかげでどこの海も色がいいです。
深く濃い緑の西表島と青いグラデーションの景色見ているだけで気持ち晴れやかになること間違いなし。
昼食後には海の上で食べる冷えた西表島産のパイナップルも格別!

天気も安定してくるので、オプションダイブにもぜひトライしてみてください。朝、早起きしてからの海はかなりGOODです、朝の水中散歩はリフレッシュ効果抜群、モーニングダイブは朝、満潮時刻を迎える大潮周りがオススメです。

その他、サンセット(夕刻潜水)、ナイトダイビングなど1日フルに海に出かけられます。ガイドも様々な時間帯、場所で日頃から潜っています、いいタイミングは逃さずにご案内したいと思います。日中の海とはまた違う感覚で刺激的なオプショナルダイブも楽しんでみてください。

  • 季節ごとのダイビングのススメ
  • 季節ごとのダイビングのススメ
  • 季節ごとのダイビングのススメ

5月、6月の概況

  • 季節ごとのダイビングのススメ
  • 季節ごとのダイビングのススメ
  • 季節ごとのダイビングのススメ

朝、くちばしの真っ赤なリュウキュウアカショウビンのさえずりが響き渡ります。
西表島といえばパイン、無人売店に並ぶピーチパインがとっても美味です。

5月
例年GW連休後くらいに西表島を含め、八重山地方が梅雨入りをします。梅雨入り前後などは雲が多い天気が少し続きますが、梅雨の期間中は連日ジトジトというような感じではなく、まとまった雨がスコールのように降るといった程度で、どんより天気が続くことはなく晴れ間もあり、実は風があまり吹かないので海況はとても安定している期間です。
気温は26〜29度くらい。 

6月
6月に入ると気温はさらに上昇、南風の割合がさらに多くなり、海況もいいです。6月中旬頃に八重山地方が梅雨明けを迎えますが、梅雨明け前後には、季節風の夏至南風(カーチバイ)と言って、朝晩は静かであっても陽が昇るにつれて日中、やや強い南風に見舞われる日が続いたりします。気温は28〜30度くらい。

海の中の様子

  • 季節ごとのダイビングのススメ
  • 季節ごとのダイビングのススメ
  • 季節ごとのダイビングのススメ
  • 季節ごとのダイビングのススメ
  • 季節ごとのダイビングのススメ
  • 季節ごとのダイビングのススメ
  • 季節ごとのダイビングのススメ
  • 季節ごとのダイビングのススメ
  • 季節ごとのダイビングのススメ

5月の水温が25〜27度、6月になると26〜29度くらい。
繁殖行動が盛んで、毎日のように発見や変化が見られて、話題や見どころの多い季節。特に満月大潮の前後の海中は夜にサンゴの産卵や日没前後に生態行動など、直面する機会が難しい貴重な生態シーンが見られるかもしれません。

日没前にはテンジクダイの産卵からのオスが瞬時に口内保育する瞬間や日中でもクマノミの産卵、スズメダイの一斉産卵、その他にも魚の繁殖に関わる不思議な行動が見られることもあります。湾内では連日ハゼの求愛行動が披露され、ベラやスズメダイの幼魚が次々と登場し、海の中を賑わせてくれます。

魚が増えるのと同時に、それを狙うハンター的な魚も行動が活発になります。外海などでイソマグロなどの回遊性の魚を期待するのなら5〜6月上旬くらいまでがおすすめ。

  • 季節ごとのダイビングのススメ
  • 季節ごとのダイビングのススメ
  • 季節ごとのダイビングのススメ

出発港と潜るエリア

上原港出発でダイビングは3、4月のエリアに加えて鳩間島北方面、風と海況次第でヨナラ水道や西側海域、鹿の川遠征も。

ダイビングの装備

5ミリワンピース、
サンセットやナイトも予定される方は、水中ライトお持ちください、もちろんレンタルもあります。
紫外線がとても強い季節なので、日焼け予防として薄手の長袖やラッシュガードもあると重宝します。

店長より一言

どうしても梅雨時期というと敬遠してしまいがちな期間ですが、実は海中の話題性が多い季節です。
もちろんこの時期は雨がある程度降らないと困るのですが、連日のように雨が降ってうんざりというような印象ではなく、海況が比較的安定していることが多く、訪れる方が意外と少ない穴場な時期なので宿の予約なども取りやすくなります。
気候的にも、5月中は25度を下回ることが少ないので暖かく、朝晩になるとまだ涼しくクーラーに頼ることなく快適です。6月ともなればすでに夏の暑さが控えており、梅雨明け頃には一気に夏空が広がります。
水中は魚のちびっこたちで溢れるようになり、賑わいをみせる藻場でのダイビングや気温、水温ともかなり暖かくなるので、サンセット、ナイト、モーニングといったオプショナルダイビングも楽しめます。

また、沖縄の伝統行事であるハーリー競漕や祭りなどもあり、地域の行事が多い時期でもあります。

  • 季節ごとのダイビングのススメ
  • 季節ごとのダイビングのススメ
  • 季節ごとのダイビングのススメ