SEASON TOUR

GOOD DIVE季節ごとのダイビングのススメ- 例えば冬のダイビングのススメとか西表島 春夏秋冬など -

西表島は一年中ダイビングが可能です。
ただ冬の時期は風が吹いて、海が荒れる日もしばしば。
初めての西表島の方は冬以外の季節をオススメします。
季節ごとの海の様子や必要な装備など、参考にしてみてください。

  • 団体、グループでのご利用
  • 団体、グループでのご利用
  • 団体、グループでのご利用

10、11月概況

10月 風向きが東から北東に変わり、まだ気温は25〜28℃と暖かく、夏の暑さほどにはならずに比較的過ごしやすい気候。
11月  風向きはほぼ北東〜北、時々北風が強く吹く日があり。
たまに風向きが南や東に触れるとポカポカの陽気に。

海の中の様子

水温は26〜28℃(10月)24〜26℃(11月)
スミレナガハナダイの♂がとっても色っぽく、鮮やかになります。求愛行動やメスと絡み合って放精抱卵するシーンなども観察できます。
人気者のニシキテグリも夏に比べると時間をあまり選ばずに出てきてくれます。その行動を見ているだけでも釘付けになります、さらにこの時期は幼魚から成魚までサイズも色々と登場します。
ニシキテグリは船が上原出発の10月上旬がオススメです。

出発港と潜るエリア

10月上旬までは上原港を予定、バラス島周辺、船浦湾エリアがメインです。
北東の風が吹き始め、北側の水域の海況が常にザワザワしてくる10月中旬頃から船を白浜港に移動、白浜港より出発するようになります。
白浜出港の際に利用する西側の船浮湾内エリアは北〜北東風の影響を受けにくいので、海況は北側に比べるとかなり良いです。潜水エリアは美田良浜、船浮湾、網取、海況次第で崎山、鹿の川へも出向きます。

ダイビングの装備

5ミリワンピース、10月下旬頃からはフードベストや起毛タイプのインナー、ボートコート、ウインドコートなど。

店長より一言

暑さから解放されて、水はまだ暖かく陸上、水中ともに快適です。ただ期間後半になるにつれて海上ではやや風が強く吹く日があります。特に水からあがって、湿った身体が風にさらされていると、時間とともに体温が奪われます。気温よりも体感温度が低く感じられることもあるので、11月以降は船の上で着用するボートコートやウインドブレーカ、長袖のパーカーなどをお持ちください。(ボートコートは貸し出しもあります。)ちょっとした防寒対策で快適に海を楽しめますよ。