MESSAGE

GOOD DIVE 西表にいらっしゃるみなさんへ- MESSAGE -

週間天気・海況予測 1月2日〜1月8日まで ( 毎週日曜日更新 )

1月1日、上原航路欠航しています。
今週も雲が広がりやすい天気が続きそう。晴れ間が覗くのは週末以降か

      


北東から東の風、やや強く吹く日もありそうです。

    


今週は波が少し落ち着きますが、週末は少し波上がります。

    

水温
23度

    

気温
最高気温が24度、およそ22〜23度くらいでしょう。

    

ダイビングボート は白浜港出発です。

用意すると重宝するもの、お持ちいただくもの

北〜北東の風が吹く季節になりました。時より北風強風となる日もあります。
海上を吹く風が冷たく感じられます。これからの季節は風で体温が奪われますので、防寒防風できるものがあるといいです。            
ちょっと厚手の長袖ものやウインドブレーカー、ボートコートなどお持ちください。頭部を温めるニット帽もかなり重宝しますよ。

           

ウエットスーツ  5ミリのワンピース+フードベスト、さらに蓄熱できる起毛タイプのインナーがあればさらにいいです。お持ちの方はドライスーツもありです。

                      

現在、船の上で飲み物は用意しておりますが、コップの提供を控えております。お客様に携帯水筒やマイボトルを持参いただきご利用してもらっています。
ご協力をよろしくお願いいたします。

石垣西表間の定期船運航状況

冬期運行スケジュールとなっております、冬期期間中は海況により上原行きの便が欠航することが多くなります。
その場合、西表大原行きの船と送迎バスで上原方面に来ることになります。直前の運行状況を下記船会社HPよりご確認ください。
4月より夏期運行時刻に変わります。


本日の運航状況の確認(安栄観光)
本日の運航状況の確認(八重山観光フェリー)

※安永観光と八重山観光フェリーの共通乗船券が2020年10月1日より廃止となりました。
詳しくはhttp://www.aneikankou.co.jp/articles/detail/300にてご確認ください。

荷物の宅配・郵送について

ダイビング器材などを西表島へ送る方は、1週間前になりましたら配送手続きをしてください。(送り先は宿へお願いします。朝一番の船で西表に到着後ダイビング予定の方はお店に送ってください。)

ご注意ください

最近、配達荷物の審査が厳しく、荷物によっては危険物とみなされ船便扱いとなり、到着まで1週間以上かかってしまうケースがあります。ダイビング器材などを送る際には、品物の欄に内容物(ウエットスーツやレギュレータ、BC、マスクなど)を明記し、タンク及びバッテリー無しと記入してください。さらに配達希望日も指定しておくと、万が一届かない場合に有効になるかもしれません。

西表島の食事処について

上原地区周辺には食堂やレストラン、居酒屋などがおよそ15軒程ございます。ただ宿から徒歩圏内のお店となると数軒しかありません。どこの食事処も繁忙期(GWや7〜9月)はお客様が集中し、特に夕食どきは非常に混んでいてお店に入れないことが多いです。夕食付きではない宿や滞在中に外食を予定されている方は事前にお店の予約手配をしておくことをおすすめします。 

   

※ 現在、島内の飲食店も20時閉店しているところが多いです、そのため夕方17時頃から営業している店もあります、早めに夕食をすませるようにするか、食事付きの宿を手配したほうが滞在中食事を気にすることなく安心です。

西表でのお支払いや清算

島内でのお買い物や食事の清算、カードが利用できるところも増えてはいますが、まだまだお支払いは現金のみのところもあります。
また島内に銀行はございません、上原港から車で15分の郵便局にATMがあるのみです。

GOOD DIVE西表島のお願い。- MESSAGE -

今、西表島は観光で注目されつつあります。たくさんの人たちにこの島の自然の豊かさや素晴らしさを体験、実感していただき、感動してもらえる事は、とても嬉しいです。

ただ、西表島の一番の魅力でもある自然に触れる事で、とてもダメージを受けやすい環境でもあります。

現地を案内する私達がその事を認識した上でみなさんをきちんと案内する事は当然の事ですが、西表に魅力を感じて遊びにいらしたお客さまたちにも、そうした自然環境への配慮や、島の中でのモラルを守っていただきたく思います。

島内にはゴミ箱などの設置がほとんどありません。ほんのわずかでも出したゴミは、宿泊施設かお店まで持ち帰るようにしてください。

西表島の自然

西表島は観光地ではありますが、リゾート地ではありません。なんでも整備された便利な観光地でもありません。
上下水道がまだ整備されていないので、公衆のトイレや水道もとても少ないです。

西表島に生息する動植物を一切島から持ち出さない。野生動物に食べ物を与えない。

島内には子供の教育のための信号機が2箇所しかありません。車が少なく、その割に道が広いので、つい車の速度を上げてしまいがちです。

道路上には有名なイリオモテヤマネコだけでなく、鳥やカメ、カニなどの様々な生きものが現れ、道路を横断したり、飛び出してきたりもします。レンタカーをご利用の際には島内速度40キロでゆっくり走行をお願いします。

いつまでも西表島がたくさんの人たちに喜びと幸せを与え続けてくれるそんな場所で有りますように

  • 西表島の自然
  • 西表島の自然
  • 西表島の自然