SEASON TOUR

GOOD DIVE季節ごとのダイビングのススメ- 例えば冬のダイビングのススメとか西表島 春夏秋冬など -

西表島は一年中ダイビングが可能です。
ただ冬の時期は風が吹いて、海が荒れる日もしばしば。
初めての西表島の方は冬以外の季節をオススメします。
季節ごとの海の様子や必要な装備など、参考にしてみてください。

  • 団体、グループでのご利用
  • 団体、グループでのご利用
  • 団体、グループでのご利用

7、8月概況

夏真っ盛り、空も青く、雲は低い夏の光景が広がります。毎日当たり前のように晴天傾向。日中の太陽の下は強烈に暑いのですが、海上では心地よく風が吹いているので、船のテントの下はとても快適。風向きはほぼ南風で7月前半は日中に南風がやや強く吹く日があります。年によって差はありますが、月に1個2個の台風接近があります。

海の中の様子

水温は29〜30度
時に表層の水温は30度を超える。前半はカエルウオやスズメダイ、ベラの小さな幼魚(baby)が登場します、共生ハゼの求愛のパフォーマンスが見られたり、リーフエッジではベラやブダイなどがよく産卵しています。水温が高い分、グルグンなどの外洋性の魚はやや少なくなりますが、アカネハナゴイやスズメダイ、それにリーフのサンゴの色がとてつもなく色鮮やかに映える季節です。

出発港と潜るエリア

ほぼ上原港出発。
潜るエリアはバラス島周辺、鳩間島周辺、高那周辺、海況次第では東側、西側へも遠征。

ダイビングの装備

5ミリワンピースもしくは3ミリワンピース

店長より一言

夏の太陽光のおかげでどこの海も色がいいです。船の上で冷えた西表産パイナップルも最高に旨い季節。
天気も安定してくるので早起きしてからのモーニングダイブはかなりオススメ、気持ちいいこと間違いなしです。特に朝、満潮時刻を迎える大潮周りがオススメです。期間限定のマングローブダイブやサンセット、ナイトダイビングも開催。
夏休み期間、シーズン真っ盛りですが7月20日以降は西表に来るダイバーが意外と少ないので、狙い目です。