ダイビングエリア西側

ダイビングエリア西側をご紹介します。

D 外離れ・サバ崎

西表島から切り離されたように2つ並んでいる外離島と内離島、そして対岸に見えるゴリラ岩の愛称で呼ばれている岬のサバ崎。

西表の西側に位置するこのエリアへは上原港より約40分、比較的近い場所にある祖納港からは約15~20分で到着するポイントが数箇所。

リーフの上は浅く、テーブル状のサンゴが重なり合っている箇所もあり、ノコギリダイが一塊の集団で見られるポイントもある。

外離島・内離島とサバ崎の間の水域は湾内であってもリーフから離れると水深が急に深くなっていて、そうした環境を好む数少ないスーパーモデルたちが潜んでいる。

浅いところではあまり見かけないスミレナガハナダイやイトヒキベラ類のオスのパフォーマンスは何度見てもうっとりです。

E 船浮

島の奥深くまで入り組んだ船浮湾、くびれた湾奥に進入しあたりを見渡すと360度を島に囲まれ、海にいるはずなのに水平線が見えない。

山と海に囲まれ陸の孤島とも言える船浮集落が見えるこのエリアへは上原港より約40分、祖納港より約20分。

岸辺の方にはマングローブが視界に入り、さらに奥にはいくつかの川と滝まである。そんな豊かで恵まれた湾奥の水中はまさに西表ならではの環境が楽しめる、そんな中でもウミショウブの大草原はかなり素敵です。

透明度はほどほどだけれど、西表を代表する魚のマンジュウイシモチやテンジクダイの仲間が多く生息し、泥々の底質を好むハゼも多数いて、どこまでも湾奥へ探りに行きたくなる。

F 網取


サバ崎、ゴリラ岩を過ぎると細長く奥まで続いている網取湾が見える。

上原港からは約40~45分、祖納港からは約20~25分くらいで到着。

このエリアは網取湾と湾入口から沖合いに張り出したヨナソネと呼ばれるリーフがあり、ポイントは湾奥からこのヨナソネにかけて点在してそれぞれが違うロケーションなので、1日かけて網取を潜るのも面白い。

深みまで、真っ白な砂地が続くポイントでは近年、浅い箇所の岩の表面にサンゴが無造作について一つ一つがオブジェのようにも見える。

また湾奥にあるポイントではアミトリキュウセンというここで発見されこの地名がついたベラの仲間も見つかる。

G 崎山

島の西側に位置する崎山エリアへは、上原港から約45分、祖納港より約30分ほど。

ボートを走らせ網取を超えると、水の色がさらにクリアになりそれだけでテンションも↑

リーフに添ってポイントが並び、沖合いにも大きな瀬があって、そこでは潮のタイミングが合えば、イソマグロやバラクーダなどに期待が持てる。

崎山最大の魅力はいつ行ってもクリアな透明度。青い水に白いカスミチョウチョウが無数に舞っており、リーフ上のサンゴもここ数年の成長が著しく、とてもパワフル。

潮通しが良いエリアなので、グルクンやウメイロモドキの群れ、ナンヨウカイワリ、タイマイなどのカメ、時にはマンタもやって来る。

コメントは受け付けていません。