個人店少人数ガイド|西表のガイドは体験ダイビングからベテランさんまでグッドダイブにお任せ下さい。

サイトマップ

最新日記(gooddiveのブログ)


西表ダイビングメニュー


西表島のダイビングサービス
GOODDIVE

最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

過去のブログアーカイブ

海の中わからないことだらけ 2019年3月22日

P3223171.jpg

天候 曇り
気温 25度
水温 25度
波高 2 → 3m

前線が通過、荒れるのは午後からと思っていたら、朝のワンコの散歩中すでに北の空が黒い。

昼過ぎから荒れると見込んでわざわざ30分早めに出発するもすでに海は波立ち始めていました。

でも、これくらいの状況なら、海のんかはまだなんの問題もなく楽しめるのは間違いない。

久しぶりのポイントへ。

水温が25度を指している。

ただでさえ小さいアカメハゼのbabyがあっちこっちにいました。

成長して3センチくらい、なので赤ちゃんは1センチくらいかな。

目をこらすと、隠れ家のエダサンゴから離れないように必死に泳いでいる。

かと思えば、産卵期を間近に控えて、毎年このあたりにこの時期にだけ集まってくるナミハタが、今年も密かに集まり始めてきているようだ。

お腹も張っているし、婚姻色も出している。明らかに普段とは様子が異なる。

P3223227.jpg

今期最大、がっつり口内保育をしているリュウキュウヤライイシモチもすごかったし、

セジロノドクロベラも1.5センチほどのbabyがいたし、春先に増え始めるキンセンイシモチのbabyもたくさんいた。

毎年思うのは、この時期にこうして見つかり始める数々の魚のBaby。

小さいからbabyなんて表現しているけど、実際にはむこの世に誕生して半年とか、数ヶ月、もしかすると1年経過しているのかもしれない。

ほとんどの魚たちが卵から孵化して、そのあとはしばらくはプランクトンのように冬生活を送る。

もちろん、その間は我々の目には入ることはない。でも確実に大量の孵化仕立ての本当のbabyで海中は溢れている。

その子たちが浮遊生活を終えて、着床すべきばよにたどり着くと、そこでさらに成長して、僕らの目で確認できる大きさになる。

ほとんどの生命体を、僕らは見逃しているんだろうな。

今日も、広〜い砂地で、アカメハゼのかつて見たことのないサイズ、5ミリに満たないまだ定着場所する見つけていないグループを発見した。

もちろん肉眼などでは見えません、kenko のルーペを2枚重ねて倍率を5倍くらいにあげて、オキアミのように浮遊していたグループを追って見た。

なかなか焦点合わななくて難しかったけど、5倍ルーペにしっかりとアカメハゼのフォルムが見えた時には感動ものでしたよ。

広い海の中には謎がまだまだいっぱいです。






続きを読む


姉妹で体験ダイビング。 2019年3月19日

P3193146.jpg

天候 曇り
気温 24度
水温 24度
波高 2m

天気も上向きの今日。

沖縄から、姉妹で来島。

いつでも海に行ける場所に住んでいるとやはり海では泳がないようで、ダイビングも身近な環境にあるけど今日が初めてのダイビングに挑戦。

迎えに行くと、ダイビングするのが楽しみで仕方ないようだった。

ちょっと波もあったので、出航する前に港でダイビングのレクチャー。

そしてポイントまで10分、船を停泊して船酔いを感じる前にすかさずエントリー。

口呼吸に慣れるまでは、ちょと不安そうだったけど、それも最初のうちだけ。

2人とも、初めて見る水中と目の前を泳ぐ魚に手を伸ばしたりしてました。

とても仲の良い姉妹のようで、妹はこれから大学生、お姉ちゃんは将来に向かって勉強中。

船の上でもよくしゃべっては、端々に出てくるウチナーグチ(沖縄方言)に笑ってしまった。




続きを読む


ずっと見てても飽きない 2019年3月17日

P3173110.jpg

天候 曇り
気温 24度
水温 24度
波高 2m

北風が東に変わり、波も幾分小さくなりました。今日からは上原定期船航路も運航してます。

晴れるとの予報だったのに、朝になると雲が広がっていて日差しも見込めそうにない天気。

当初、昨日で終わりだったゲストさんがもう1日ダイビング日程を延長。

地形のポイントにも行きたいとのことで、曇ってはいたけど今シーズン初の中野沖リーフへ。

P3173089.jpg

今年もここのサンゴは健在、昨年の同時期もそうだったけど、一層と蘇って元気になってきている感じがしました。

P3173093.jpg

トンネルコースからの大外回りコースで景観を堪能。

「この景色見ているだけで飽きない」とほとんど生物らしきものも紹介せずに1ダイブ。

2本目も外洋でした。

そして3本目は、ここも今シーズン初ポイント。

ここの大目玉でもある大きなウチワ、その前でパシャッ。3年前にうちで講習をして、それからコンスタントに潜っているゲストさん、今回はマンツーマンで3日間、いろんな環境、状況で潜れてメキメキと上達しました。

P3173131.jpg

曇り空にもかかわらず、リーフの上の鮮やかな事。

「ずっと見ていても飽きない」

サイコーでしたね。

続きを読む


上にのびーるサンゴ 2019年3月15日

P3153069.jpg

天候 雨のち曇り時々晴れ
気温 21度
水温 24度
波高 3m

久しぶりに海です。

昨日の晴天はどこへ。

朝から北風がやや吹いて、海もザワザワしている。

雨も降ってて、船を海へ降ろす作業中に濡れた体に北風が冷たく、この後の海況も気になるので朝の出発は見送りました。

するとその甲斐あって、10時頃には日差しも出てきて、海の状態もこれ以上悪化しそうになかったので11時に出発。

久しぶりの西表の海、20日ぶりくらい。

海面は荒れ気味だけど、海の中のサンゴはすくすくと成長している感じでした。

P3153076.jpg

P3153074.jpg

上へ上へと伸びる枝上サンゴ。

ここのエリアは格別です。

太陽光を必要とするサンゴが明るい水面をめがけて、伸びています。

P3153071.jpg

くるくると回るようにして、上を目指すもの。

P3153063.jpg

まっすぐに棒状になって、伸びるもの。

穏やかな海の中で、ぐんぐん伸びている感じ。

いいなぁ、なんかいいなぁ。

続きを読む


3月といえば。 2019年3月14日

1552567738321.jpg

3月も中旬、この2週間は忙しさ倍増。って言っても海じゃないです。

雑務がいっぱい、おまけにボートも、そして親元を離れ島外の高校へ入学する中学3年生の合格祝いや話し合いなど集まる機会もとっても多い。

こんなに穏やかな島なのに、毎日気ぜわしく過ごしているけど、ちょっとした風景や島の雰囲気にホッとします。

天気はその日その日で変わるけど、この2日間はとても天気がよく、サンライズもサンセットもお見事。

1552567752269.jpg

先週今週と石垣島へ出向く用事も重なり、打ち合わせに一番面倒で時間のかかる申告も済ませて、昨日、今日は天気の良いうちにボートのメンテナンス。

今年はボートのトイレやテントを新しくして、あまり見た目には変わらないけど22年目のこのGD号にまた頑張ってもらいます。

しかしこのエンジントラブルにはまいったな、自分ではちょっと手をつけられない修理は石垣へ出さないといけないから、重さ170キロほどのエンジンを備え付けてあるボートから一度外して、クレーンで吊って、トラックで運んで、貨物船に搭載して、石垣で修理してもらって、また石垣から貨物船で送ってもらって、またクレーンを用意して、吊って、取り付けて・・・。

とまぁとにかくいろいろ段取りがうまくいかないと、いつまでたっても船を海に浮かべられないのです。

でも、今回はエンジン運び出す時もまた取り付ける時も西表には数少ないクレーンをお願いできたし、上原が欠航していたので大原までロングドライブまでしてくれたりと気持ちよく引き受けてくれるシマンチュの心意気に感謝です。

1552567848552.jpg

おかげで一度島を離れたエンジンも1週間ほどで戻ってきて今日取り付け作業が完了。
トイレも交換したし、その他のエンジン周りや船体の補強も終了。
明日、どうにか海に浮かべられそうです。





続きを読む


2019年のサンゴの産卵予想 2019年3月10日

P5042893.jpg
2018年5月4日 撮影

神秘的なサンゴの産卵を見に行こう!

西表の海で繰り返されるサンゴの産卵、例年5月から9月の期間に産卵するサンゴが多く、計算されたように満月大潮付近のタイミングに合わせて様々な種類のサンゴが産卵をします。

昨年2018年の産卵は、4月の満月では水温がまだ低かったものの、その4日後には水温が上昇して予想どうり5月に最初の産卵を確認。その翌月もかなりの規模の産卵があり、例年だと期待の薄い7月にも産卵したようでした。9月の満月でも産卵が確認できたので、前年同様に、割と長い期間の産卵が確認できました。

今年の冬はエルニーニョの影響で、水温が下がらず、冬の間も23〜24度をキープして現在でも24度、2019年は早ければ4月の満月の後からサンゴの産卵が見れるかもしれません、観察確率が一番高いのは5月19日の満月前後ではないかと思います。


Q サンゴの産卵って?

= サンゴは無性生殖と有性生殖という手法で増えていきます。無性生殖とはサンゴ個体そのものが分裂してクローンのように増える方法、有性生殖とはサンゴが精子と卵子のつまったカプセルを海中に放出する方法でこの有性生殖による放出がサンゴの産卵と呼ばれています。

Q 西表がサンゴの産卵を観察するのに適している理由は?

= 西表島を含む八重山周辺海域には360種を越えるサンゴの生息が確認されていて、世界的に見ても非常に豊かなサンゴ礁であると言われています。全てのサンゴが同時に産卵をする訳ではなく、種類によって産卵のタイミングが異なるので、サンゴの種類が多いということは産卵をする時間帯に幅があり、産卵シーンに遭遇する確率も高くなります。

Q ナイトダイビングをした事がないけど、参加できる?

= ナイトダイビングを楽しむにはある程度の経験と技術が必要です。昼間のダイビングスキルで特に問題がなければ、初めての方でも参加出来ます。ただしナイトダイビングのみのご参加は安全面を考え、お断りしています。

サンゴ産卵ナイトを楽しむコツ

① 中層にも目を向けよう
産卵しているサンゴがすぐにわかればいいのですが、そう簡単にはいかない。でも、すでに産卵がどこかで始まっているときには、中層にフワフワと漂っているサンゴの卵を見つけられるかもしれない。夜はプランクトンなど漂っている生物がライトによって写し出されるので、意外に面白い。

② 動かず楽しもう
夜の海は移動を少なく、観る事に集中します。サンゴも多いエリアなので不用意にフィンキックをしたり、バタバタしてしまうとサンゴを傷つけたり、浮いているたまごも見つける事が難しくなります。

③ ライトを上手に使おう
産卵しているサンゴに強い光を当ててしまうと、産卵を止めてしまう事があります、光を手で覆うなどして調整するとグッドです。

④ 手元足下には注意して
夜の海はライトで照らした箇所しかよく見えません、手足をつく所は予めライトで照らして確認をしましょう。トゲトゲしたガンガゼ(ウニの仲間)などに触れないように周辺サンゴも注意して楽しみましょう。

⑤ 撮影したい方はカメラにターゲットライトを予め固定しておこう。
片手でライトを照らしながらの撮影も出来ますが、予めカメラ本体にライトを固定しておくのがオススメ。

2019年西表のサンゴ産卵ナイトダイビング予定

今までの経験値からおよその期間を予想しました。
P5302791.jpg


ここ数年は毎年何かしらのサンゴの産卵を確認しています。

1回目 4月19日〜4月25日
2回目 5月19日〜5月25日
3回目 6月16日〜6月22日
4回目 9月14日〜9月19日

* 1回目の予想期間は今後の海水温の状況次第。

* 期間中、連日産卵するとは限らないので、滞在日程は数日間余裕あると遭遇率は高くなります。

* 5月はミドリイシという種類のサンゴが産卵します、比較的広範囲に種類も多く分布しているサンゴなので、タイミングが合えばたくさんのたまごが漂うファンタスティックな海中を体験出来るかも。

続きを読む


まいったなぁ 2019年3月 6日

春らしく変わりやすい天気です。
暑い日とあったかい日とちょっと肌寒い日が順番にやってくるような。

帰ってからは、業務が色々残っておりそれを片付けるのが先で、海に行く余裕がない。

冬の間の作業も少し残っているので、それもやらないと。

なんて言っているうちに3月です。

来月には恒例の池袋マリンダイビングフェアがありますが、今年も僕は行けそうにありません。

ですが、西表島から8名、そして安永観光と竹富町観光協会と一緒にブースを展開しているので、お時間ある方はぜひ遊びに行ってみてくださいね。

2014年度新卒採用

ボートのメンテナンスも今のうちですが、実は帰ってきてから10日ぶりにエンジンを回そうとすると片方が始動しない・・・。

色々試してみたけど、原因がわからず。

石垣から整備士さんに見てもらって、それでも最初はう〜ん。

でっ結局、ここではどうすることもできずに石垣へエンジンを運ぶことに。

冬の間も順調に動いてくれていたのに、何の前兆もなく、10日置いていただけで不具合。

ちょっと想定外でした。

繁忙期ではなかったので、よかったのですけど。

ヤマハのエンジンに変えて、丸4年、調子の良かったエンジンだけに悲しい。

1551880246249.jpg
来週中にはどうにか海に浮かべられますように。





続きを読む


ニッポンの海は凄いぞ 2019年2月25日

P2182619.jpg

一昨日、西表へ戻ってきました。

10日ほどお休みをいただいて、帰省を兼ねて伊豆の方へも。

内地では、数年ぶりに花粉症が再発。

特に今回、訪問した伊豆方面では花粉量も多く、くしゃみは出るわ、鼻水は止まらないわ、目は痒いわと現代人丸出しでした。

まず、伊豆といえば大瀬崎。

P2182540.jpg

このまさに日本の海の景色がなんとも贅沢。富士山がお見事。

伊豆の海も今年の冬は水温があまり下がり切らないようで、16度。西表の冬の川の水温と同じくらい。内地の冬の海の初心者には、ありがたい。

でも、さすがにウエットで入る勇気はなく、ドライスーツをレンタルしてのダイビング歴27年にして、ほぼ初ドライ。

伊豆で潜っているダイバーにはドライなんて当たり前で、最近のドライスーツや冬の装備品などの話も聞けて、勉強になりました。

冬の間でも週末になるとダイバーが訪れるようですが、2月の平日だと数えるほどのダイバーしかいないので、水中もほぼ貸切状態。

でっ冬の間は西表もそうであるように、やはり水の透明感があって、本当にキレイ。

P2182631.jpg

そしてエントリーするダイバーが少ないので、生物も散ることなく定着している。

すべてビーチエントリーだけど、リーフがないので、水に入るとすぐに水深が取れるので、即潜降開始。

沖縄の海のようなハードなサンゴはほとんどないけど、代わりにソフトコーラルやイソギンチャクにヒドラの仲間、クラゲ類など、ハードコーラル以外の腔腸動物が豊富で、一見グレーな海中に彩りを添えています。

そして、その多様な形のソフトコーラルに魚や生物が寄り添っているので、カメラをするダイバーにとって、撮影の仕方や構図など一工夫出来たり、ユニークで個性的な写真も撮れそう。

棚のあるポイントへ行けば、定着しているハナダイも数種類見れるし、驚いたのはその大きさ。

P2192712.jpg

熱帯域にはいないとされるサクラダイ、個人的にはメスの方が良かったなぁ。この背びれの後半から一本長く伸びる感じ、シャレてます。縁取りの青みがかったのもとっても綺麗。

大瀬崎には内湾と外洋に面したポイントがあるのだけど、内湾はとにかく日替わりで、いろいろな生物が現れそうなそんな気配を感じさせる。

P2192787.jpg

今回、伊豆で密かに会いたかった生物の一つ、キアンコウ。

P2192803.jpg

このグロテスクさと迫力に、釘付けになりました。

2日間大瀬崎でお世話になった後は、東伊豆へ移動。

小さな漁港の八幡野でお世話になりました。

P2213001.jpg

ちょっと、海はうねりがあったものの、やっぱり海の中は新鮮そのもの。

大瀬崎とはまた違う雰囲気のある海でした。

P2212998.jpg

ゴロタと砂地と磯場。

ゴロタの表面には海藻が茂っていて、小さな紫色のヤギの仲間やカイメン、ウミトサカなどが
あっちこっちに見られます。

P2202891.jpg

伊豆では当たり前のようにいると思っていたアライソコケギンポ、見たのはこの1匹だった。

P2192761.jpg

伊豆といえば、キタマクラ。そこいらじゅうにウロウロ。

P2212948.jpg

ハナタツもしっかり見つけていただいて。

P2202916.jpg

タカノハダイにミギマキ、ミギマキに対してヒダリマキなんて言われ方も。

P2213013.jpg

そしてちょっと数少ない、ユウダチタカノハ、初めて耳にする魚です。

4日間に渡り、伊豆の西と東と見てきました。今では伊豆も半島を囲むようにダイビングエリアが点在していて、そこそこで微妙に海の感じが違うようです。

もちろん、水温は低いけど、水はいいし、ダイバーが少なく空いている。そんな時でないとそこの海のポテンシャルは引き出されないのかもしれない。

夏のシーズンに行くのが一般的なのはわかるけど、とにかくいろいろな海を見ておくとダイビングの楽しみ、水中への興味は限りなく広がります。

ところ変われば、水中の風景も生物も変わる、そりゃ当たり前だけど、とにかくいろいろな場所へ出向いてそこの水中を覗けるってのはダイバーならではの特権ですね。

大瀬崎でお世話になったサービス 
ダイビングサービスシーキング  http://seaking.webcrow.jp/main.htm
八幡野でお世話になったサービス
ダイビングショップ 海好き  http://umisuki.jp/



続きを読む


Priolepis nuchifasciata 2019年2月11日

P2022400.jpg

夏になったり、冬になったり、コロコロ本当によく天気が変わります。

悪くなっても、2、3日で回復するので、冬にしたらかなり過ごしやすい感じ。

先日、気になっているハゼを確認しに行ってきました。

見つかりました、それも数個体。

そしてそのハゼを検証。

写真を送って、解明しました。

長いこと、西表を含めていろいろな場所で潜っていますが、この魚はおそらく初めて。

ベニハゼの仲間かなと思ったのですが、どうもこの縞模様の感じはベニハゼでなく、イレズミハぜの仲間っぽい。

そんなことを思い、魚類の先生型にお聞きしたところ、まだ和名のないハゼでした。

和名がないだけでなく、日本国内においてはまだ報告がないそうです。ってことは日本初記録。

なので学名での表記 Priolepis nuchifasciata 体調わずか3センチほどの小さな魚で非常によく似たのが、海外などにいるようですが、それとも若干違う種のよう。

深海を除く、国内の海で見られる魚類のほとんどがほぼわかってきていると言われますが、こうした未発見の生き物なんかもまだいるんでしょうね。ロマンがありますね、古
〜。

一昨日はヤマネコマラソン。

無事に完走。

目標タイムが2時間以内だったのに、あれっだいぶ過ぎてる。

でも、まあ最後までペースダウンすることなく、きっちり走れたのでオーライです。

1549875046847.jpg



続きを読む


Hルーペで器材メンテ 2019年2月 5日

P2032486.jpg

風向きがコロコロ変わり、それに伴って天気も良くなったり、悪くなったり。

しばらくゲストがないので、今のうちに器材メンテです。

うちで使っているアルミニウムタンク。

年に一度こうして内部を視認チェックします。

方法が未だに原始的でおかしいのだけど、バルブを外して、バルブとOリングチェック、交換。
まあここまではいいとして。

そしてシリンダーの中の状態や首根っこネジの切り込みと肩部あたりの状態を小道具使って、目視でチェックします。

チェックが終わると、内部洗浄。

熱湯を注いで、熱くなっているシリンダーの口の部分をふさぎながら、左右上下にシェイク。

やっているうちに、着ている服が煩わしくなり、つい脱いでしまう。

いい筋トレです。

そして、そのまま逆さの状態で天日干し。

自分のところでやる以上、この方法しかないんだろうな、また来年も同じことやるんだろうななんてこと考えながら、この作業をもう何年も繰り返している。

P2032485.jpg

今シーズン進化したのは、電気ポットを家から持ち出し、お湯を沸かして、その間に内部チェックをして、すぐさま熱々状態でタンクに注ぐので、ちょっとは時間短縮。

P2032499.jpg
それとご存知、ハズキルーペ。

こんな作業には欠かせなくなってしまった。




続きを読む