個人店少人数ガイド|西表のガイドは体験ダイビングからベテランさんまでグッドダイブにお任せ下さい。

サイトマップ

やっぱいいわ〜。


西表ダイビングメニュー


西表島のダイビングサービス
GOODDIVE

最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

過去のブログアーカイブ

P5140421.jpg

天候 曇りのち雨
気温 28度
水温 27度
波高 1→2m

今日は朝のべた凪から、一変、昼前から北風になって、海も時化模様。

朝1ダイブ目にはピタッと水面が止まっているように静かで、船もあっちこっちに止まっているのに人の気配も物音ひとつしない海が気持ち悪いくらいでした。

それが50分後に海から上がってくると、まるで別世界に。

それまで海況良かっただけに、今日が最終ダイビングとなるゲストと相談して本日は1ダイブで終了。

5月11日からサンゴ産卵ナイトへ出かけてましたが、一昨日の晩は幾つかのミドリイシのサンゴが産卵をしていました。

自分のカメラが潰れていたのですが、どうしてもこの時期の産卵を記録にしておきたかったので急遽カメラを拝借。

水中でまずはカメラの試し撮りをしていたら、横からピンクの卵が流れてきて真横を見ると、大きさ40センチほどのサンゴが一気に産卵。

P5140415.jpg

これには慌てた、慌てた。

その様子が、撮影した写真に出ている。どれもこれもなんとなくボケボケ。

産卵の晩には、水中を漂うゴカイやプランクトンもやけに多い、これがまた映り込むから卵なんだかゴカイなんだか。

それでもやっぱりこの瞬間はいいわ〜。全く微動だにしないサンゴから突然、ピンクの玉が放たれる。

昨年は大規模な白化があって、一時は産卵するサンゴも無くなってしまうんじゃないかなんて思ったくらい。

この日の晩は一つだけでなく、何種類かのミドリイシが時間をずらして産卵してました。

P5140442.jpg
P5140470.jpg

静かな暗い水中でひっそりとそれぞれのタイミングで次々と産卵。

見事に息を吹き返してからの産卵。だから余計にじ〜んとくるんです。

投稿日:2017年5月16日

| TOP |