個人店少人数ガイド|西表のガイドは体験ダイビングからベテランさんまでグッドダイブにお任せ下さい。

サイトマップ

パンツがずれるほどに興奮


西表ダイビングメニュー


西表島のダイビングサービス
GOODDIVE

最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

過去のブログアーカイブ

PA132216.jpg

天候 曇り
気温 29度
水温 28度
波高 3m

今日は風も徐々に強くなって、海面はザワザワしていました。午後からの2ダイブ。

海況がイマイチなので、外洋へは出れない。おまけに水中も薄暗〜い、なのでちょっと生物を見に行くダイビング。

みなさんほぼブランクなしの500本越えのダイバーだったので、スタートからちょっと深い方へ。

沖合からのうねりが、ポイントにまで入ってきて、深場は問題ないけれど、ちょっと浅い箇所は揺れ揺れだったので、インターバルを挟んで、2本目はリーフの内側へ。

ここも一風変わった生物がいるので、それを目的に。

一人づつ、じっくり見てもらったけれど、カメラ構えるとすぐに見失ってしまうようで、見る事は出来たけど、残念ながら画像にはまともに写っていないようでした。

そして今日はここで終わらない。

2ダイブ終了後に、船上でタンクと器材は外さずにつけたまま、バラス島へ。

バラス島はあいにく、うねりが入ってバシャバシャしていましたが、2ダイブで使ったタンクを装着したまま、残エアーでエントリー。

そこで、恒例のミジュンフィーバー。

PA132218.jpg

満ちてきていたので、僕らが水中に入ると、ミジュンたちは深いたまりから浅い方へと離れるようにして移動開始。しばらくするとその集団がUターンして、こっちにやってくる。

数えた事はないけれど、「1万匹はいるよ」なんて水に入る前にさらっと説明した。

今日は2万匹かな、それ以上かな、とにかく今日はさらに多い。

たくさん潜っているゲストもこれには、かなり驚いたようだ。

PA132230.jpg

船に上がってきたら、一人のゲストは履いているウエットパンツがズルッとお尻半分下がっていたからね。

北東の風が吹く季節、本当はそろそろ白浜に船を移動させる時期だけど、このミジュン玉がある限り、これを外すわけにはいかない。

PA132233.jpg



投稿日:2016年10月13日

| TOP |