個人店少人数ガイド|西表のガイドは体験ダイビングからベテランさんまでグッドダイブにお任せ下さい。

サイトマップ

汽水の世界


西表ダイビングメニュー


西表島のダイビングサービス
GOODDIVE

最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

過去のブログアーカイブ

P8221520.jpg

天候 晴れ
気温 34度
水温 31度
波高 1.5m

海と川をつないでいる汽水域、西表島にはたくさんの川があり、その水が海へ注いで、海水と混じり合う塩分濃度の低い水域があり、そこにはマングローブが生い茂っています。

この汽水域なくして、西表の豊かな海はありえません。

海も気になるけれど、こうした貴重な箇所も見ずにはいられない。

満潮時に合わせて朝、カヌーで漕ぎ出して、まずは川の奥地へ。

川なので流れる流れる。行きはヨイヨイで奥地へ侵入。

マングローブのオヒルギとヤエヤマヒルギが川の両岸にびっしり。

見る生物もかなりマニアック・・・ですので。

P8221550.jpg

内湾にいるサンギルイシモチとよく似ているアマミイシモチ、マングローブの根元に群れでいるのが見られます。

下げ潮になる前にいつもの場所へ戻ろうとすると、向かいからの流れで結構しんどかったな。

今年はどんな具合なのか、ワクワクしながらエントリー。

水深3メートルほどには、オキフエダイとリボンスズメダイがたくさん、そしてミナミクロダイやナンヨウチヌなど、汽水域ならではの魚がウロウロしている。

ハゼの仲間もちらほらいます。

P8221612.jpg

まずは海でもごく浅い箇所にいるサザナミハゼ、それとこちらは汽水域限定のワカケサラサハゼ。

P8221639.jpg

そしてカーシビの方言で呼ばれるマングローブジャックこと、ゴマフエダイ。

P8221668.jpg

引き潮になるにつれて、その数は増大。

動画でも撮影したけど、これが川の下流みたいな場所だと思えない。

この浅い箇所に光が差すマングローブの根元がなんともお気に入り。

岩の表面をよく見れば、無数の気泡が付いている。それがひとつまたひとつと水面に上がっていく。

P8221660.jpg


岩の表面に藻が付着しており、それが光合成によって酸素を排出しているシーンです。
こんなことに気がつくと小さな感動があって、また一段と浅い箇所が楽しい。

そしてそんな浅い箇所でじっとしていると、マングローブの影から姿を見せるテッポウウオ。今年もきっちり見れました。この独特なフォルムがカッコよく見えるのは私だけ?3匹ほどいたかな。

P8221586.jpg

このメギスはなんだろう?

P8221605.jpg

このベラはホホワキュウセンのメスかもしれない。昨年ここで初めて見たホホワキュウセン。オスは今回撮影できなかったけど、このメスにちょっかい出している場面があった。

P8221629.jpg

気がつけば昼をとっくに過ぎて、ここだけで2時間はいたかな。

投稿日:2016年8月22日

| TOP |