ニシキテグリのサマータイム


台風明けのダイビング、晴れて海況も一気に穏やかになり、台風一過となりました。

沖縄本島で2日ほど足止めで待機していたH野さんを向かえて、昼前から出発。天気も良いので、初日から3ダイブです。

1本目はつい先日も潜って面白かった砂地でほぼ動かずに探索する事、45分。時間はあっという間に過ぎて、ウミヒルモという海草に紛れて細かい生きものたちが潜んでいました。

2本目は意外に流れが強かった、ここでもほとんど動かずにゲストはビデオ撮影に集中。
リーフの上でも流れているのに、なぜか気になるヤドカリの仲間。おまけに小さい。細部がキレイなはずのヤドカリで、顔を前後に動かしながら確認する事3分、どうにか見えるその装い。

そして3本目、時間はすでに17時、これから3本目となると、ニシキテグリしかないでしょ。

勇んでエントリーすると、お目当てのニシキテグリがもう1つ出現率がよろしくない。

のこのこ姿を見せるのはまだ小さい幼魚ばかり。この子はこの子で鳥の雛みたいで可愛らしい、成魚が姿を見せ始めたときにはすでにタイムアップでした。ある時間を迎えると、あっちからもこっちからも姿を見せるニシキテグリ、無理をしないサマータイムです。

カテゴリー: 海のガイド   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>