水面に漂うウミショウブの花

 

今日は十五夜、満月。まんまるの月が夜8時頃にあがっていました。

台風6号が西へ向かってきていますが、どうやら今後、沖縄本島の東側を抜けて、北上していくようです。とりあえず、直撃はなさそう。

そして昨日から、船を西表の西に位置する白浜港に係留させてもらい、ここから出発です。

西側のポイントをこの3日間は潜り倒します。っていっても1日3ダイブが限度。

今日は西表屈指のサンゴポイントとハナダイの集まる根、それから今が楽し藻場が広がるエリアと行ってきました。

どこも水良し。

そして2ダイブが終了して、ちょうど潮が最干潮から上げ潮に変わる頃、一時白浜港へ戻ると、白い小さなゴミのような物が水面に漂っている。

どうやら、このタイミングでウミショウブという海草が雄花を解き放ったようです。

3ダイブのポイントへ向う途中にはまるで天の川のように遠くまで潮目に沿って、白い川が出来ていました。

今、西表は山ではサガリバナ、海ではウミショウブ、こういった自然の神秘的な力を感じる絶好の季節を迎えております。

カテゴリー: 海のガイド   パーマリンク

水面に漂うウミショウブの花 への4件のコメント

  1. 大阪の山口です。 より:

    お久しぶり。
    大型台風とともに西表に行って何も出来なかった時から
    はや4年目を迎えており時の経つのが早いなと
    実感しています。そこで・・今年は9月16日から3日間ほど
    リベンジいえお世話になろうかと思っています。
    今年は絶対台風が来ないと今から念を送っておきますので、
    8年ぶりのブランクダイバーで多少の不安もありますが、
    よろしくお願いします。
    また連絡します。

  2. iko より:

    山口さん、お久しぶりです。
    9月ですね、首を長くしてお待ちしてます。はっきり決まりましたら、問い合わせフォーム、もしくは予約フォームよりご予約ください。よろしくお願いします。

  3. 串﨑 紘子 より:

    TVみてウミショウブに興味を持ちました。
    今年はもう遅いのでしょうか?
    見に行く方法を教えてください。

  4. iko より:

    今年は7月の満月前後、すでに花が海面を漂いました。こんどの新月にも少し見れるかもしれませんがあまり多くはないかも知れません。特にツアーはないので、見にいくには地元の方にある場所を聞いて現地に行くしか今は方法がありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>